みんなの幸せのために・:*;.゜★'・:*;.゜☆'

幸せのレシピを書いています(^▽^)♪   本の紹介・料理レシピ・健康、美容情報・ダイエット記録・バドミントン・地域の情報・私の作品など・・・・♪     興味のあるページをご活用ください♪

プロフィール

春

Author:春
 ・・・
1日1ページは読書しようで
成功をどんどん引き寄せている♪

信念を持って取り組めば奇跡を起こせる☆

人間の能力は無限だ!!!

カテゴリ

毎日いい情報をお届け☆

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今日も一日素晴らしかった♪

良き事が雪崩の如く起きます♪

今日もいい天気♪


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

全記事表示リンク

 「悩みがある」「心配がある」「不満がある」という人がいるかもしれませんが、早めに気分転換をすることをお勧めします。
 「ザ・シークレット」に書かれていた方法などを紹介します。
 
1. 気持ちを切り替えられるリストを作る。
      美しい思い出、将来の夢、笑えた瞬間、自然、愛する人、お気に入りの曲など。
2. 思い通りに行かなかった出来事は、ワクワクするような喜びに頭の中で再生しなおす。
     主人の帰りが遅い時は、私の時間が増えたと考える。
3. 心から感謝できることの一覧表を作る。
     人間関係がうまくいかない時、相手の感謝できるところを書き出す。
4. 笑いは喜びを引き寄せ、否定的なものを消し去る。
     内面の感情に意識を集中し、1分間ほど微笑む。
5. すでに目標を達成したようにイメージする。
     銀行の収支明細書の残高を、希望する金額に書き直す。
6. ビジョン・ボード(宝地図)を作って、いつも眺めてワクワクする。
     欲しいもの、なりたいものを書いたり、写真を貼ったりしてイメージする。
7. スポーツをしたり、好きなことをしたり、明るい仲間と過ごすなど、楽しめてリラックスできる環境で過ごす。
     散歩、ジョギング、趣味、楽しい友達との会話など。
     
 悩み、心配、不満があって、幸せを感じない方は、是非試してみて下さい。
 幸せな思いが、もっと幸せなものを引き寄せます。

春のfacebook
スポンサーサイト
 「今日も一日素晴らしかった。ありがとうございます。感謝してます」
 と毎朝、目が覚めたら布団の中で言ってから起きます。
 「ザ・シークレット」に、前もって感謝しましょうと書いてあったからです。

 「今日はいい日だ!絶好調!」
 と私たちは、毎朝10回言っています。

 朝から暗いニュースは見ません。
 朝から暗いことに波動を合わせてしまい、悪いことを引き寄せてしまうからです。

 リーサ・ニコルズは「信頼、愛、豊かな生活、教育、平和に焦点を合わせた方が、遥かに意味がある」
 と言っています。
 マザー・テレサは
 「戦争反対の集会には出席しません。平和のための集会を開くのでしたら、私を招待して下さい」
 と言ったそうです。
 「引き寄せの法則」で考えると、反戦運動は、戦争に焦点を合わせているので戦争を推進してしまいます。
 麻薬撲滅運動も同様です。
  
 だから、私たちは暗いニュースはあまり見ません。
 明るい、笑える、感動するテレビなどが好きです。
 明るい、笑える、感動することをまた引き寄せてくれるからです。

 朝は特に、「今日はいい日だ!絶好調!」という気分で、一日を始めたいものです。
 そうして明るく一日を始めると、周りの人たちにもいい影響があるように思います。
 私の周りは、いきいきはつらつとした人達ばかりです。
 幸せな波紋が広がっています。

春のfacebook
 「感動の条件」の中に、小学校で成績がずっと一番の子の話が書いてあります。

 その子に先生が聞きました。
 「なぜそんなに一生懸命勉強するのか?」
 「あのね、私、お母さんにお勉強を教えているの」
 と言ったそうです。
 その子のお母さんは、家が貧しく満足に学校に通うことができなかったということでした。
 自分の心の中に、大切な人の喜ぶ姿をイメージしたことで、「心のスイッチ」が入ったのです。
 一生懸命勉強してお母さんに勉強を教えて、お母さんの喜ぶ顔を見たいと思ったことが、成績がずっと一番という結果になったのです。

 「・・・・・の喜ぶ顔が見たい」
 と思えば、掃除も、料理も、仕事も、勉強もやりがいがあります。
 ワクワクして掃除も、料理も、仕事も、勉強も楽しくやれます。
 私には愛する人、愛するものがたくさんあります。
 「ザ・シークレット」に、

 宇宙で最強のパワーは愛の力です。
 愛こそあなたが放射できる最高の波動です。
 あなたがすべての思考を愛で包み、すべてのもの、すべての人々を愛するならば、あなたの人生は変容するでしょう。
 「愛の法則」はあなたに最強の力を返してくれます。
 愛のともなう思いこそ無敵です。

 と書いてありました。
 思考と愛の組み合わせが、万能の力を持つ「引き寄せの法則」を作っているのだそうです。

春のfacebook
 「・・・・・したい」「・・・・・なりたい」
 と思ったら、
 「何をしたらいいの?」
 と考えてしまいますが、実現の仕方については何も知らなくてもいずれわかるようになります。
 そのやり方も引き寄せるからです。

 2007年、私たち夫婦が、強く、強く希望することがありました。
 それは、私たちが頑張ればできることではなくて、相手が動いてくれないと叶わないことでした。
 私たちはいつも
 「すべてがうまくいきました。ありがとうございます。感謝してます。」
 「すべての良きことが雪崩のごとく起きます」
 と言って、忙しい仕事も楽しくいきいきとしていました。

 4月25、26、27日、主人が出張で鹿児島に行くことになったので、お母さんの誕生日の27日にみんなで食事をすることになりました。
 すると、まるで仕組まれているかのように、歯車がぐるぐる回り始めて、私たちの為にみんなが動いてくれ、ずっと願っていたことが叶うことができました。
 それが4月27日の記念すべき素晴らしい日です。
 4月27日は、お母さんの誕生日を祝うだけでなく、私達を祝う会にもなりました。

 望月 俊孝さんの「飾るだけで夢が叶う魔法の宝地図」は、まだ手にしていませんでしたが、
 「宝地図」を知る前からパソコンに、「2004・・・、2005年・・・、2006年・・・、2007年・・・」と書いていました。
 斉藤 一人さんが言っている
 「すべての良きことが雪崩のごとく起きます」
 をいつも言って楽しみにしていたので、知らず知らずの内に、引き寄せたのだと思います。

 「天国言葉」と「ツイてる!」の効果でしょうか。
 「偶然力」と「愛の法則」の成果でしょうか。
 良い思考が、良い出来事を引き寄せたのだと思います。

春のfacebook
 12話で「図書館で借りた本を、10ページほど読んで本を閉じました。まったくワクワクしなかったからです」
 と書きました。

 マイケル・J・ロオジエさんの「引き寄せの法則」の中にも、

 「これは理解できる」「自分にもできそうだ」と胸躍らせながら読んでください。
 「願望の宣言」を書くと、わくわくした気持ちになります。
 元気が出てきます。

 と書いてあります。

 ワクワクすることが大切です。

 2004年に私が悩みを抱えていた時、
 「どっちが正しいかではなくて、どっちが楽しいかで選ぶのもあるよ」
 と主人に言われました。
 それまでの私は、正義感の塊のような人間で、間違ったことが許せない性格でした。
 そのせいで、失敗したこともありました。
 楽しい方を選ぶというのは、とてもわかりやすくて、いつも問題を解決する糸口になりました。
 それ以来、ワクワクする生き方を選んでいます。

 「ザ・シークレット」の中に、

 良い思考をしている時に気分が悪くなることはない。
 気分が悪くなった場合、そのもととなっている思考を変えるか、気分転換をする。
 いい気持ち(ワクワク、喜び、感謝、愛など)を祝福すると、気持ちを良くしてくれる事がもっと引き寄せられる。
 明るい気持ちでいることが重要なのです。

 と書いてありました。

 「1日1ページは読書しよう」も、できるだけワクワクする本を選んでください。
 きっと毎日が楽しくなります。

春のfacebook
 「良い思考が、良い出来事を引き寄せる」
 ということを、信じている私にとっては、実行するのは簡単なことなのですが、初めて聞いた人に信じてもらうことは難しいです。

 私も以前、マイケル・J・ロオジエさんの「引き寄せの法則」を読んだ時は、今ほどピンときませんでした。
 「良いことを考えていても、悪いことが起きるじゃないか、本当かな?」
 と思いながら読んでいました。
 だから、「ツイてない」ことも起きたんですね。

 でも、「夢叶うノート」に「宝地図」を作ってから、実現していることが多いことに気がついた今は、
 「良い思考が、良い出来事を引き寄せる」
 と信じています。
 図書館から借りてきた「引き寄せの法則」も納得しながら読みました。

 「子供の熱が高い」とメールしてきた友達と「入院する事になった」とメールしてきた友達に、
 「ザ・シークレット」に書いてあった、「私は完全に健康、私は完璧な健康体」と言うと良いことを教えました。
 「心がスーと晴れました」
 とメールが来ました。
 「お互い若くないので」とメールしてきた友達には、「年齢は脳が決めるらしいですよ」とメールしました。

 「変なことを言っている」と思われたかもしれませんが、「良い思考が、良い出来事を引き寄せる」ことを伝えたいと思いました。

春のfacebook
 「忙しい」といつも言っている友達がいます。
 「引き寄せの法則っていうのがあってね、今、忙しいと思っていると、また忙しいことが起きるって」
 「今、楽しい、今、幸せって思えば、また楽しいことや幸せなことが起きるって、素敵でしょう」
 と私が言うと、
 「そうかもしれないね・・・自分で変えていかないとね」
 と言ってくれました。
 でも、そのあとに友達は、今のつらい現状をいろいろと話しました。

 「ザ・シークレット」に、
 「少し具合が悪くても、病気のことを話してはいけません。
  あなたの思いが病気の原因なのです」
 と書いてありました。

 なので、余りいいたくないのですが、実は私は膝が痛いのです。
 言ってしまったので賞賛します。
 「私の膝ありがとう。いつも私の身体を支えてくれてありがとう。感謝してます」

 「膝どう?」
 とバドミントンの友達が心配して聞いてくれますが、
 「絶好調!」
 と私は言って笑います。

 いつも「忙しい」と言っている友達も、「忙しい」と言わず、
 「やることいっぱいあって、楽しいよ、充実している」
 と言ったら、もっと幸せを感じられるし、もっと幸せなことが起きると思います。

 友達は私から聞いたばかりなので、「悪い思考が、悪い出来事を引き寄せる」ということをわからなくても仕方がありません。
 「心の片隅に残ってくれたらいいなぁ」
 と思いました。
 「今、幸せを感じることだよ」
 と友達の幸せを願って言いました。
 「現状に感謝すること」の大切さを痛切に感じました。

春のfacebook
 次の日、図書館に本を返しに行ったら、いつもいっぱいの駐車場は1個だけ空いていました。
 カウンターで本を返すと、
 「引き寄せの法則が来ています」
 と言われました。
 先日リクエストした「引き寄せの法則」を、図書館で買ってくれていたのです。
 県立図書館から取り寄せればあったのに、私のリクエストがあったから買ってくださったのでしょうか。
 「感謝してます」
 すごく嬉しかったです。
 
 そのあと買物に行くと、そこもいつも駐車場がいっぱいなのですが1個空いていました。
 レジに行くと知り合いがいて、買ったばかりの名刺入れに入った、作ったばかりの名刺をあげることができました。
 喜んでもらってくれました。

 そのあと別のお店に行って、いろいろ買物をして会計をすると偶然444円でした。
 私が喜んで、
 「4、4、4、だぁ」
 と小声で言うと、
 「他の数字だったらいいね」
 と言われたので、
 「4は幸せだから」
 と言いました。
 するとレジの人は、
 「今日はいいことがいっぱいありますね」
 と言いました。

 私の周りに、幸せがたくさんあるような気がして、上機嫌になって帰って、主人に話すと、
 「ツイてる人は、どこまでもツイている」
 と言いました。

 「ツイてる人は、どこまでもツイている」は、斉藤 一人さんの「ツイてる!」の本に書かれている一節です。

春のfacebook
 またカップを割ってしまった日は、「ツイてる」ことがいっぱいでした。

 百均のお店に名刺入れを買いに行きました。
 なかなかみつからなくて諦めかけましたが、文房具売り場に行ってみると、ちょうど名刺が入る大きさのクリアバックがありました。それが最後の1個でした。
 「ツイてる!」
 とニンマリしてそれを買いました。
 そのあと、安売りのトイレットペーパーを買いに行ったら、また最後の1個でした。
 また「ツイてる!」
 とニンマリして、それをかごに入れました。
 夜、ティラミスを作ろうと思って、材料のビスケットの買い置きを見たら、ちょうど使う枚数の30枚でした。
 「ツイてる!」
 と主人に言いました。

 カップを割ってしまった時、
 「ツイてる!」
 「ありがとうございます。感謝してます」
 と言って賞賛したから、「ツイてる」ことを引き寄せたに違いありません。

春のfacebook
 「ザ・シークレット」に、「ビジョン・ボードを作ること」と書いてありました。
 望月さんの「宝地図」と同じ考え方でした。
 さっそく、早く起きて、今までパソコンにしまって置いた私の「宝地図」を、プリントアウトして冷蔵庫に貼り付けました。

 その日、何年も使っていた洗面所のカップを、落として割ってしまいました。
 「宝地図を貼ったばかりなのに、やだなぁ縁起でもない」
 と一瞬思いましたが、
 「今までありがとう、割ってしまってごめんなさい」
 と言って手をあわせ、次のカップを出しました。
 「ザ・シークレット」に、「賞賛と祝福は否定的なものを全て消し去る」と書いてあるのを読んだばかりでしたから、すぐに気持ちを切り替えられました。

 5日後、取り替えたばかりの洗面所のカップを、また落として割ってしまいました。
 この前も割ってしまったばかりなのに・・・こんな時「ツイてない」と思いがちですが、
 「ツイてる!」
 そそっかしい私に、
 「気をつけなさい」
 と教えてくれたのだと思いました。
 交通事故でも起こしたら大変です。

 感謝がよき物事を引き寄せ、もっと感謝したくなるような更に良いものがやってくると信じて、
 「ありがとうございます。感謝してます。割ってしまったカップさんありがとう」
 と、お礼を言いました。

春のfacebook