みんなの幸せの為に・:*;.゜★'・:*;.゜☆'

幸せのレシピを書いています(^▽^)♪   本の紹介・料理レシピ・健康、美容情報・ダイエット記録・バドミントン・地域の情報・私の作品など・・・・♪     興味のあるページをご活用ください♪

プロフィール

春

Author:春
 ・・・
1日1ページは読書しようで
成功をどんどん引き寄せている♪

信念を持って取り組めば奇跡を起こせる☆

人間の能力は無限だ!!!

カテゴリ

毎日いい情報をお届け☆

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

今日も一日素晴らしかった♪

良き事が雪崩の如く起きます♪

今日もいい天気♪


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

全記事表示リンク

 投資には分散が必要です。
 金融機関、金融商品、運用期間を分散します。

 ① 1年未満の短期資金は、安全性と下しやすさを最優先させます。

 ② 3年未満の中期資金は、証券会社の商品や複利の商品をします。

 ③ 10年未満の長期資金は、中長期株式投資や株式投資信託などをします。

 ④ 円高から円安に向かう局面では、外貨建て商品を全金融資産の1割程度します。

 と、横田 濱夫さんの「200万から始めるお金もち入門」に書いてありました。

 2013年の11月に保険やさんから外貨預金を勧められたときには、100万~200万円の資金が必要でした。
 全金融資産が2000万円なかったので、外貨預金はお断りしました。
 円高から円安になっているいいときなのですが、私たちがする時期ではないと判断しました。
 
 「億万長者」とインターネットで検索してみると、株式投資で億万長者になった方の話があったので株式投資について勉強してみようと思いました。

 そんなとき、図書館に行って「専業主婦が5年で3000万円貯めたお金のルール」の本を見つけたのです。
                  ( ↑ この本の内容を紹介しているページへ)
スポンサーサイト
 ① 時間的リスク・・・インフレリスクとほぼ同じ。

   物価上昇率を下回る預金金利。
   インフレリスクには、土地や株で対応。

 ② 個別投資対象リスク・・・価格の変動。

   為替リスクには、反対通貨建て資産による運用で対応。
   株式相場の暴落には、手堅い預金商品や債券で対応。
   金融機関の破綻には、預金資金の分散と選択で対応。
   公的年金制度の崩壊には、私的年金への自主加入で対応。
   株や債券などで運用する場合、国別に考えることも重要。

 と、横田 濱夫さんの「200万から始めるお金もち入門」に書いてありました。

 前にも書きましたが、今の金利は物価を下回っているように感じます。
 こんなときは、銀行に預けているだけでは、もっと上の生活をすることはできません。

 もっと稼ぐ必要があります。
 稼ぐには、時間、能力、環境・・・いろいろ必要です。

 余力を使ってお金にも働いてもらうのはとてもいい考えです。
 投資にチャレンジするのもいいと思います。
 景気の減速期には債券、拡大期には株、過熱期には商品をする。
 このサイクルで10年ごとに繰り返される。

 景気の減速期に入ると、金利も下がるから、その前の金利の高い段階で、「長期固定金利の商品」を買っておく。

 不況となり、金利が下がった時点では、短期変動金利商品を選ぶ。

 景気の底が見えてきたら株を買う。
 株価が上がってきたら、しばらくは追加で買い続ける。
 前半戦でのリスクは比較的少ない。
 怖いのは後半戦、「もっと儲けてやろう」と欲張ったり、遅ればせながら参戦すると危険。
 まだ高いうちに、徐々に売っていくべき。
 金利が高いうちに、さっさと長期固定金利商品に預け替える。
 新聞に「まだまだ株の時代は続きそうだ」と書かれても信用しない。
 情報は、後追いの数字だから撤退の判断を誤ってしまう。

 人生の利殖チャンスは計3回、損をしてもあきらめの付く範囲の額で、賢いマネーゲームをする。

 と、横田 濱夫さんの「200万から始めるお金もち入門」に書いてありました。

 1990年ころ、この経済のしくみを知っていれば億万長者になっていたかもしれません。
 インターネットを始めたころ「ヤフーはすごいなぁ」と思いました。
 あのとき、ヤフーの株を買っていたら、億万長者になっていました。

 常に学び、時代の流れに乗って有益に生活していけば、これからだって億万長者になることは夢ではありません。
 
 借金は、「楽しみの先取り」であると同時に「苦しみの先取り」です。
 貯金は、「苦しみや我慢の先取り」であり、「楽しみの先送り」です。
 現在ある借金の金利をチェックしてみたほうがいい。 

 と、横田 濱夫さんの「200万から始めるお金もち入門」に書いてありました。

 借金の金利は普通預金の金利の何倍もします。
 一日も早く借金を返して、家計をプラスの方向に向けたほうがいいです。
 借金は、しないほうが安全でありお得です。

 借金をしなくて済むように計画的に準備しておくことが大事です。
 ニコニコ現金生活がいいです。
 ポイントを稼ぐためにクレジットカードは持っていますが、ローンはしません。
 ① 通帳と印鑑、キャッシュカードと暗証番号、通帳と保険証、印鑑と保険証など一緒にしまわない。
 ② いざというときのために、金融機関名と支店名を控えておく。
 ③ もし盗難に遭ってしまったら、「差し止め」の手続きを電話でする。
 ④ 忘れてはいけない「睡眠口座」、郵便局の口座は10年、出し入れがないと国に没収される。
   経営破綻で銀行が消滅することだってある。
 ⑤ 親のいざというときのために、かくし預金対策が必要。

 と、横田 濱夫さんの「200万から始めるお金もち入門」に書いてありました。

 財産を守る対策をしていませんでした。
 億万長者になる予定なので、対策を考えておかないと・・・(笑)

 親のかくし預金対策は、ちょっと難しいですね。
 財産を狙っていると思われたり、死ぬのを待っているように思われるのではないかと心配です。

 親に財産を分けてあげられるくらいになったら問題ないです。

私のfacebookはこちら
 保有金融資産の層ごとに「気をつけなければいけないポイント」があります。

 ① 200万円以下の人
 ② 200万~1500万円の人
 ③ 1500万~5000万円の人
 ④ 5000万~2億円の人
 ⑤ 2億円以上の人

 ①の人は
 根性を入れ直す。
 意志薄弱の疑いがある。

 ②の人は
 自分の将来像を具体的に描く、計画性が大事。
 「自分は何年後に、どういう目的のどんな金がいくら必要になるか」
 という具体的な項目を挙げてみる。
 「遣うまでの期間」を考えながら、お金の預け先と金融商品を決めていく。

 ③の人は
 「欲」にご用心!
 詐欺に引っかかりやすい。

 ④の人は
 「品格」を心がけたい。
 品性や品格が備わった人の場合は、相手が引き締めてかかる。
 より良いサービスや商品を受けられる。
 品格のない人間は「福をもたらしてくれる人」も嫌う。

 ⑤の人は
 アコギな金儲けもほどほどに。

 と、横田 濱夫さんの「200万から始めるお金もち入門」に書いてありました。

 あなたは、どの層ですか?
 「欲」にかられて、詐欺に引っかからないようにしましょう。
 品性や品格は、どんな層でも大切です。
 守るべき十ヵ条

 1、良い友達を持つこと。
 2、自分を愛すること。
 3、本業の仕事に打ち込み、財テクに浮かれぬこと。
 4、趣味を持つこと。
 5、新聞の経済欄は毎日読むこと。
 6、おのれの可能性と限界を、冷静に分析すること。
 7、ことお金に関しては、性悪説で臨むこと。
 8、健康に気を配ること。
 9、借金の保証人にならぬこと。
 10、親や先祖を悲しませぬこと。

 まず最初に「強く熱い夢ありき」
 次に計画と実行。

 と、横田 濱夫さんの「200万から始めるお金もち入門」に書いてありました。

 1~10、「強く熱い夢ありき」、全部とても大事なことです。
 一つでも欠けていたら、お金持ち道場には入門できないと思ったほうがいいです。

 「健康に気を配ること」

 経済ジャーナリストの森永卓郎さんが糖尿病であることがわかりました。
 毎月1万円~1万5千円の出費だそうです。

 「医療費は毎月の固定費で節約できない。もっと早く病気の怖さや経済的負担が大きいことに気づけばよかった。」
 と、森永さんが言っていました。

 私たち夫婦はとても健康に気を付けています。
 健康は財産です。
 健康であることは経済的です。
 健康であれば何でもできます。
 
 遣う楽しみと貯める楽しみ、どちらもあんまり極端なのはダメ。
 うまくバランスを取りながら、自分をコントロールすることが重要。

 「自分はどういう生活をしたいか」
 「いったいその生活を送るには、いくらの年収と、いくらの蓄えが必要なんだ?」
 「年収1500万円、貯蓄額2000万円が必要となってくる」
 と考えてみる。

 と、横田 濱夫さんの「200万から始めるお金もち入門」に書いてありました。

(クリックすると私の宝地図のページに行きます)
 「宝地図」に将来の生活のイメージの写真を貼っています。
 それは、幸せなイメージです。
 なぜ、私が幸せでないといけないのか、それは、たくさんの人に幸せになってほしいからです。
 幸せでない人が、幸せになる方法をどんなに話しても説得力はありません。
 だから、私は幸せでないといけないのです。
 そのためには、お金も必要です。

 魂を磨き、心身を磨き、人に奉仕できるお金のゆとりも欲しいのです。
 だから、お金持ち道場に入門します。