みんなの幸せの為に・:*;.゜★'・:*;.゜☆'

幸せのレシピを書いています(^▽^)♪   本の紹介・料理レシピ・健康、美容情報・ダイエット記録・バドミントン・地域の情報・私の作品など・・・・♪     興味のあるページをご活用ください♪

プロフィール

春

Author:春
 ・・・
1日1ページは読書しようで
成功をどんどん引き寄せている♪

信念を持って取り組めば奇跡を起こせる☆

人間の能力は無限だ!!!

カテゴリ

毎日いい情報をお届け☆

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

今日も一日素晴らしかった♪

良き事が雪崩の如く起きます♪

今日もいい天気♪


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

全記事表示リンク

珊瑚で、キャンドルスタンドを作りました🎵😆
スポンサーサイト
7月12日(土)10時15分~
「きゅむきゅら」の下の海岸で夜光貝の稚貝の放流がありました。

7月7日に、池村先生のところに夜光貝磨きに行ったときに、
亀津小の家庭教育学級で、これがあると声をかけてくださいました。
郡大もあって忙しかったのですが、お友達に送迎していただき少しだけ参加することができました♪
池村先生、亀津小家庭教育学級の方々、バド友のKaさん感謝いたします。

  きむきゅらの下の海3
少し早く到着した家族たちが海を散策していました。

  池村先生の話を聞く
「さんご礁のリーフがきれいな「きむきゅら」の下の海にはたくさんの海の生物がすんでいます」と先生のお話が始まりました。

  海の生物
少し奇妙な形をした海の生物に子どもも大人もビックリして先生のお話を真剣に聞いていました。
 
  触っちゃダメだよ
オニヒトデは触ったらダメだと、今にも触りそうな私たちに注意しました。

  海の水を入れる
先生が海の水を入れると、元気なかったニョロニョロたちが膨らんで動き始めました(^▽^)

  これください  魔よけになる貝  ゲット!
熊手のようなこの貝は、クモガイといって厄除けになるそうです。
「ほしいな~」「ください」と思い切って言うと
「どうぞ~」とあっさり言って下さいました(^▽^)
「わ~い」言ってみるもんですね(^▽^)♪

夜光貝の稚貝空輸  夜光貝の稚貝1
徳之島の大きな夜光貝を指宿に送り、赤ちゃんを育てて2、3ヶ月するとこれくらいになるそうです。
夜光貝の赤ちゃん1人をここまで育てるのに1000円くらいかかっているそうです。

  夜光貝の稚貝2  夜光貝の稚貝3  蓋に名前を書く
夜光貝の白い蓋に2B以上の鉛筆で名前を書きました。
harukou-鹿児島急送の「h」にしました(^-^)
夜光貝の成長と共に書かれた「h」も大きくなっていくそうです☆
縁起いいですね☆

この後、みんなは海を散策しながら夜光貝の赤ちゃんの放流に行ったのですが、
私は、郡大の集合時間が11時だったので仕方なく帰りました。

この後の写真はKaさんから頂こうと思います(^-^)
  バドミントンメンバー8名で夜光貝磨きに行きました♪

  ペンダント00  磨く前  磨く前の夜光貝
 先生が夜光貝をカットしてサンダーで削ったたくさんの中から好きな形、好きな柄を選んで磨きます♪
 0~10番の、粗め~細かめの紙やすりで、貝に水をつけながら磨いていきます♪
 0、1、2は、時間をかけて紙やすりがボロボロになるまで磨きます♪
 3~10は、3分ずつ磨いていきます♪
 
  磨き仕上げ
 10番まで磨いて、先生のOKが出たら、磨きクリームで磨きます♪
 工房では先生が機械で磨いてくれます♪
 自分で磨くときは、上の写真の青いデニム生地に磨きクリームをつけて時間をかけて磨きます♪

  磨いた後
 先生が機械で磨いてくれた後、磨きクリームをふき取ります♪

  みんなの作品  みんなの作品です☆

  ペンダントに  私はペンダントにしました(^-^)

  ストラップに  Tさんはご主人の誕生日プレゼントにストラップにしました☆
6月2日9時半~4名で池村先生の夜光貝の工房へ行きました♪
いつも作るペンダントの他に、家から夜光貝を持って行って教えていただこうと思いました♪

☆ まず、いつものペンダント作り♪
  ペンダント00
 先生が夜光貝をカットしてサンダーで削ったたくさんの中から好きな形、好きな柄を選んで磨きます♪
 0~10番の、粗め~細かめの紙やすりで貝に水をつけながら磨いていきます♪
 0、1、2は、時間をかけて紙やすりがボロボロになるまで磨きます♪
 3~10は、3分ずつ磨いていきます♪

  ペンダント01
 10番まで磨いて、先生のOKが出たら、磨きクリームで磨きます♪
 工房では先生が機械で磨いてくれます♪
 自分で磨くときは、上の写真の青いデニム生地に磨きクリームをつけて時間をかけて磨きます♪

  ペンダント02  ペンダント03
 ペンダント用の皮をつけて完成です♪(表と裏です)

☆ 先生が磨いた夜光貝
  先生の夜光貝01  先生の夜光貝02
 家にあった夜光貝も先生が磨いた夜光貝のようにしたくて教えていただきました♪
 写真は先生が何日もかけて磨いた夜光貝です♪
 ランプシェードになります☆

☆ ランプシェードの作り方♪
  夜光貝を削る01
 夜光貝の縁を綺麗に削ります♪

  夜光貝を削る02
 節を削り取ります♪
 削るときに、粉がたくさん出て健康に害があるので風上にファンを回します☆

  夜光貝を削る03
 部分的に好きな形に削ります♪

  夜光貝を削る04
 電球を中に入れると綺麗です♪

☆ 私の持っていった夜光貝をランプシェードに♪
  私の夜光貝00  私の夜光貝01
 サンダーで削っていただきました♪

  私の夜光貝02
 削った夜光貝を、ペンダントと同じように0~10番の紙やすりで、夜光貝に水をつけながら磨いていきます♪

  私の夜光貝03  私の夜光貝04
 10番まで磨いて、先生のOKが出たら、磨きクリームで磨きます♪

  私の夜光貝05  私の夜光貝06  私の夜光貝07
 LED電球を買って中に入れました♪
頂いた夜光貝  画像をクリックすると大きくなります♪
  
以前、「徳之島にSHELL CARVING という夜光貝を削ってアクセサリーを作っているところがある」と聞いて、突然伺ったときに頂いた夜光貝です。
「次は写真を撮りに来ます」と約束していたので、
しっとりなめらか卵黄プリン徳之島たんかんラスクを持ってまた訪問しました♪

040701.jpg  040702.jpg  040703.jpg

040704.jpg  040705.jpg  040706.jpg

040707.jpg  光の当たる角度によっていろんな色に乱反射して鮮やかです☆

真ん中のハートが重なり合っているのがとても気に入りました

作り方も教えてもらいました。
① 好きなデザインにカットする。
② 彫る。
③ 磨く。

ハートクロスは立体的に作るそうです
ルーターとサウンドペペーパーを買ったので挑戦しようと思います♪
商工会の夜光貝磨きの会に参加させてもらいました♪
先生は、いつもの工房海彩の池村 茂先生です。

画像をクリックすると大きくなります♪

0317夜光貝磨き1

たくさんの中から、球体にカットされた夜光貝を選びました♪
袋を開けると、0番~10番の11枚の粗め~細かめの紙やすりと、
仕上げ磨きようのデニム生地が入っていました。
デニム生地は濡らさないように注意します。

0317夜光貝磨き2

夜光貝に水をつけながら、粗めの0番の紙やすりで15分ほどしっかり磨き、
次に1番を10分ほど、2番を10分ほど磨きました。
この3枚をしっかり磨くことが大事です。

0317夜光貝磨き3

3番~10番までは、水をつけながら2~3分ずつ磨いていきます。

0317夜光貝磨き4

水分をふき取って、仕上げ磨きクリームでしっかり磨きます。
机の上にデニム生地を置き、夜光貝に少し磨きクリームをつけて、
「キュッ、キュッ」と音がするくらい強く速くこすって磨きます。
仕上げ磨きクリームは、歯磨き粉や車磨きやピカールなどでもいいです。

0317夜光貝磨き5

ぴかぴかに磨かれた夜光貝をペンダントにしました♪

余談、宝貝の利用法を隣の席の方に教えてもらいました♪

① バケツに砂浜の砂を入れ、青さのある海に居る宝貝を生きたまま埋めて持ち帰ります。
  逃げるので蓋をします。
② 一ヶ月そのまま野ざらしにします。
③ 海水で宝貝を洗います。塩水でなく海水です。
④ 見事に輝いた宝貝ができます。
  黄色がかった三角の宝貝は福を呼ぶそうです。
  穴を開けてストラップなどにします。
夜光貝宝の山  磨かれた夜光貝  画像をクリックすると大きくなります♪

池村さんの工房は夜光貝の加工をする工房です☆
以前2回ほど習ってペンダントを作ったことがあります♪
(青文字クリックでこのページへ)

夜光貝ペンダント

先日電話で
「貝殻やさんご礁で何か作りたいので教えてくれるところはありませんか?」と聞くと、
「私がしますよ」と快く請けてくださいました。

昨日、行ってきました♪

さんご礁と貝のオブジェ2  さんご礁と貝のオブジェ3  さんご礁のオブジェ5

池村さんが拾って漂白したさんご礁と、私が神之嶺の浜で拾った貝で作りました♪
さんご礁にホットガンで貝をつけました♪
左は池村さんの作品☆右はあとからいらっしゃったKさんの作品☆中央が私の作ったのです♪

奄美から夜光貝

Mさんが奄美大島から遥々夜光貝加工してもらうために海を渡ってここに持って来ました☆

夜光貝削り2  夜光貝削り3

夜光貝削り6  夜光貝削り4

神の手で削られて真珠のような輝きが出てきました☆
ランプシェードになるそうです♪
中に入れるランプの色によって色々楽しめるそうです♪
私も夜光貝が欲しくなって
「夜光貝を売って欲しい」と言うと、
「魚屋さんで売っているよ」と言われました(^▽^)

夜光貝カット1  夜光貝カット2

夜光貝カット5  夜光貝カット7  夜光貝カット10

ペンダント用にカットしています☆

夜光貝カット削り1  夜光貝カット削り2  夜光貝カット削り3

夜光貝カット削り5  夜光貝カット削り6  夜光貝カット削り7

夜光貝カット削り8  夜光貝カット削り10  夜光貝カット削り11

夜光貝カット球体1  夜光貝カット球体2  夜光貝カット球体5

あっという間に4個のペンダントにカットされました☆

夜光貝穴あけ1  夜光貝穴あけ3  夜光貝穴あけ4

カットされた夜光貝にルーターで穴が開けられました☆

これをMさんが、11枚の粗め~細かめの紙やすりで磨いて、磨きクリームで仕上げます♪
昨日、母間の池村 茂さんのアトリエに行って、夜光貝磨きをしました♪

画像をクリックすると大きくなります♪

夜光貝1  顔の大きさくらいの貝です。光っているところは先生が磨いたところです。
夜光貝2  貝を先生がいろいろな形に切ってあります。その中から好きなのを選びます♪
  この写真は、前回キムキュラで作ったときのです。

粗い目から細かい目の11枚のサウンドペーパーで磨きます♪
一番粗い目のサウンドペーパーから磨き、段々細かい目のサウンドペーパーで磨いていきます♪
最初の3枚は15分ずつ磨き、残りの8枚は3分ずつ磨きます♪
最初の3枚は、1枚終わるごとに先生からチェックしていただきます♪

夜光貝3  夜光貝4

ペーパーで磨き終えたら、先生が磨きクリームをつけながら機械で磨いてくれました♪
前回キムキュラで作ったときは、機械がなかったので自分で磨きました♪

左の写真の、右に写っている貝が加工前の夜光貝です。
左奥は、夜光貝の切り落としです。

夜光貝5  穴に紐を通してペンダントのできあがりです♪

アトリエの横に清流がありました。

清流1  清流2
清流3  清流4  清流5

大きな岩は、大うなぎの住みかです。
体長1メートル50センチ程の大きいうなぎが住んでいるそうです。
大うなぎは姿を見せませんでしたが、
他の石の影から、60センチ程のうなぎが出てきました♪
左下の写真の真ん中に、手長えびがいるのが見えますか?
これがうなぎの餌になります。
先生は、魚肉ソーセージを投げてあげているそうです。

「昔ここで、大火事が起きたときにうなぎが暴れて火を消した」
という伝説があるので、うなぎを捕る人はいないそうです。

ごまだら蝶1  ごまだら蝶2  ごまだら蝶3

ごまだら蝶や、赤や黄色のトンボが飛んでいました♪

花1  花2  花3

花4  花5  花6

たくさんのお花の周りをモンシロチョウが飛んでいました♪