みんなの幸せの為に・:*;.゜★'・:*;.゜☆'

幸せのレシピを書いています(^▽^)♪   本の紹介・料理レシピ・健康、美容情報・ダイエット記録・バドミントン・地域の情報・私の作品など・・・・♪     興味のあるページをご活用ください♪

プロフィール

春

Author:春
 ・・・
1日1ページは読書しようで
成功をどんどん引き寄せている♪

信念を持って取り組めば奇跡を起こせる☆

人間の能力は無限だ!!!

カテゴリ

毎日いい情報をお届け☆

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

今日も一日素晴らしかった♪

良き事が雪崩の如く起きます♪

今日もいい天気♪


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

全記事表示リンク

 再新再生は、成長と変化を繰り返しながら、螺旋階段を上るようにして自分自身を継続的に高めていく原則である。
 
 再新再生に関するもう一つの側面は、良心である。
 良心とは、心の声が聞こえる限り、正しい原則に従っているかどうかを感じとり、正しい原則に近づかせてくれる持って生まれた才能なのだ。

 良心を鍛えるには、より高い集中力、バランスのとれた自制心が必要であり、良心に誠実であることを常に心がけることだ。

 精神を鼓舞するような書物を定期的に読み、崇高な思いを巡らせ、そして何より、小さく、か細い良心の声に従って生きることだ。

 上向きの螺旋階段を上るには、より高い次元で学び、決意し、実行することが求められる。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 良い情報を得ることは比較的簡単にできます。
 けれど、それをする人や継続する人はあまり多くありません。
 一番情報を得られる読書も、子供のころから習慣付くように学習してきたはずなのに、読書の習慣がある人は少ないです。

 いつも、どこかが悪いと言っている親しい人に斎藤一人さんの「絶好調」の本をあげました。
 「読むのは大変かも」と思いCDもあげ、CDプレイヤーも買いました。
 体に良い情報があると、どんどん教えました。
 どれも一時は実行したように見えましたが、どれも継続しませんでした。
 親しい人は、難しい病気になってしまいました。

 「第7の習慣の刃を研ぐは大事だよね」と私が言うと、
 「刃は自分、研ぐは行動。どんな銘刀も研がなかったら錆びつく」と主人が言いました。

 良いことを継続することで良い習慣が血や肉になり心の底に根づきます。
 螺旋階段を上るように努力を継続し自分を高めていくことはとても大切です。
スポンサーサイト
0830ネイル  0830ネイル親指

ネイルをしていると、お金を払うとき何だか嬉しいです♪
ニッコリお金を払います(^-^)
お父さん指のリボンが可愛いでしょう(^-^)
 バランスのとれた再新再生そのものが、シナジーを創り出す。
 四つの側面は密接な相関関係にあるから、どれか一つの側面の刃を研げば、他の側面に良い影響を与える。

 習慣には順番があるとはいえ、どれか一つの習慣が改善されると、シナジー的に他の六つの習慣を実践する力も高まっていくのである。

 第7の習慣「再新再生」は、他の六つの習慣すべてを再新再生させるプロセスなのである。

 毎日の私的成功は、「7つの習慣」を身につけ実践する鍵である。
 毎日少なくても1時間、肉体、精神、知性の刃を研ぎ、日々私的成功を重ねていくことは、影響の輪の中でできる努力である。

 毎日の私的成功は「毎日の公的成功」の土台となる。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 756話で話した(クリックするとこのページへ)旧友は、私の肉体的な面でアドバイスして気づかせてくれました。
 それによって心が癒されました。
 先生は、私の知的な面でアドバイスして気づかせてくれました。
 それによって自信を得ました。

 二人のアドバイスのお蔭でとても良い脚本に書きかえることができました。
 
 それらの経験から、毎日読書し「みんなの幸せの為に」と行動している私が居るのだと思います。
 毎日、日々新たに学び、それを配信し拡散することをミッションにしています。
 すべてのシナジー効果を願っています。
0829お宅訪問  0829お宅訪問2

Nさん家のロフトに小さな図書館がありました♪
くつろいで集中できそうないい空間です☆

0829くら寿司

3年ぶりにくら寿司に行きました♪
徳之島にはリーズナブルなお寿司屋さんはなかったので、会計して安さにびっくりしました☆

0829夕食

29日の夕食です♪家のみは最高です☆私も飲めますから(^▽^)
鶏胸肉ハムの棒々鶏ソースかけ
ぶりの照り焼き
オクラの天ぷら
キャベツ人参昆布の浅漬け

青文字クリックでそのレシピのページを見られます♪
 自分を再新再生するプロセスを行うためには、肉体、精神、知性、社会・情緒の四つの側面すべてにわたってバランスよく刃を研ぐことが必要だ。

 四つのバランスを考えて磨くことによって最大の効果が得られる。

 組織の場合で言えば、肉体の側面は経済性である。
 知的側面は人材を発掘して能力を開発し、有効に活用することだ。
 社会・情緒的側面は人間関係やスタッフの処遇である。
 精神的は組織の目的や貢献、組織としての一貫した姿勢を通して存在意義を見出すことである。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 私の宝地図やアファメーションに掲げてあるのは次のようなことです。

 美しく健康であること。
 精神的にも経済的にも豊かで寛容であること。
 常に学び向上し続けること。
 みんなの幸せのために行動すること。
 良き人間関係を築くこと。

 インサイド・ヘッドを観ました。
 喜びさんが活躍していました。
 「喜び」という感情はとても大切です。
 四つの側面の刃を研ぐ上で「喜び」という感情を大切にしたいと思います。

 最近セルフネイルをして楽しんでいます。
 「そうやっておしゃれをしたり、楽しんだりしてテンションあげるのっていいよ」と主人が言いました。
 「そういえば、オリンピック選手の女性たちもおしゃれをしているね」
 「喜び」という感情で四つの側面を磨いていきたいと思います。
0829瓜1  0829瓜2

我が家の西の塀に可愛い瓜がたくさんなっています♪
こんなところにメロンができたらいいなぁ♪
なんて思いながら調べてみると
「からす瓜」のようです。
赤くなったら可愛いなぁ♪
 他者の良いところを認め、その人に良い脚本を与えることができるとしたらどうだろう。
 社会通念の鏡に映った自分が本当の自分だと思い込み、人生の坂道を転げ落ちようとしている人がいたら、その人の可能性を信じて、坂道を登って行けるように上を向かせることができる。

 その人の話に耳を傾け、その人の身になって共感する。
 その人が主体的な人間になって責任を果たせるように励ますのである。

 ものの見方を変えれば、他の人たちの信頼口座に大きな預け入れができる。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 以前、笑い方も忘れどうしたらいいかわからなくなったとき、旧友に「元気が出ない。元気になれない」とメールしました。
 「いつも元気でなくていいんだよ。音楽でも聞きながら美味しい紅茶でも飲んでゆっくりしたら」と返事がきました。
 「もう頑張らない。という方法もあるよ」とさらに返事がきました。
 私を理解してくれている旧友に心を癒されました。
 私は脚本を変える勇気が出てきました。

 「元気が出ません」と相談したら、「自信をつけるのもいい」とアドバイスしてくれた先生もいました。
 私は自信をつけるために資格を取る勉強を始めました。
 合格という確かな結果を得ることで「やればできる」という自信を得て、次の脚本も「やればできる。素晴らしいものになる」と確信し光が見えてきました。

 元気がなかった人を元気にするような、旧友や先生のような人間になりたいと思います。
0827夕食
8月27日の夕食は
きびなごの野菜南蛮酢かけ
ささ身でチキンマヨ
豆腐ステーキのしめじとピーマンの甘辛ソースかけ
キャベツきゅうり人参昆布の浅漬け

全部とてもおいしいです♪
青文字クリックでそのレシピのページを見られます♪

0828夕食
8月28日の夕食は
揚げナスと揚げゴーヤの鶏みそかけ
鶏胸肉ハムの棒々鶏ソースかけ
きびなごの野菜南蛮酢かけ
出し殻とゴーヤの佃煮
豚みそ
 第7の習慣は、刃を研ぐ時間をとることである。
 第7の習慣が身につけば、他のすべての習慣を実現可能にする。
 人間をつくっている四つの側面(肉体、精神、知性、社会・情緒)の刃を研ぎ、再新再生させるための習慣である。
 (664話では、人間の本質には、肉体、知性、心情、精神の側面があるといっています)

 「刃を研ぐ」ことは、緊急ではないが重要な活動である。
 「刃を研ぐ」ことは、自分の人生に対してできる最大の投資である。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 緊急ではないが重要な活動の時間を作ることはとても大切です。
 2013年に「1日1ページは読書しよう」と始めたことは本当にいい思いつきでした。
 あれからほとんど毎日読書をしています。
 お蔭でたくさんの先人の優れた方から良いことを学びました。

 私の宝地図には、肉体、精神、知性、社会・情緒のすべてが掲げてあります。
 けれど「肉体」を怠けています。
 一度は目標達成したものの自分に甘くなって4㎏増えました。
 1年前のバドミントンのユニフォームがちょっときついです。
 ピッタリしたユニフォームがもっと似合うようになりたいのでカッコよくなります。

 「肉体、精神、知性、社会・情緒」すべての面で自分を磨くことを継続します。
0826ネイルドライヤー  0826ネイル

8月9日に注文したネイルドライヤーがやっと届きました♪
USAなので説明書が英語でまったくわかりません(^-^;)

この前のフットネイルがまだ生きているのでハンドネイルしてみました♪
2台買ったので便利です☆
とても早く乾きます☆
このドライヤーはコンパクトで可愛いです☆♪

「どう?」と主人に見せると
「いいねぇ。そういう楽しいことしてテンションあげるのはとてもいいね」と言いました(^-^)
 「7つの習慣」の一つひとつの習慣が持つ力は、相互に関係し合ったときに最大の力を発揮するのである。
 シナジーは、すべての習慣の最終目的であり、相互依存で成り立つ現実を効果的に生きるための原則なのである。

 自分自身の分析的な側面と創造的な側面の両方を意識して尊重し、その二つの側面の違いを生かせば,内面で、創造的なエネルギーが解き放たれるのだ。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 すべては自分の見方や自分が発していることで結果が出るのだと思います。
 自分の中のシナジーは、分析的な左脳と、創造的な右脳、両方を最大限に効果的に発揮することです。
 経験してきたあらゆることを活かしてもっと価値のあるものにしたいと思います。
 
 そのほかのシナジーは、人間関係や他者との共存です。

 「結婚している人のいい話を聴かない。結婚は地獄だと言う人もいる」と新婚のAさんが主人に言いました。
 「当たり前と思わないことだよ。ご飯が食べられて当たり前と思わない。うちは感謝して、ありがとうって言っているよ」と主人が言いました。
 「夫婦の約束事を決めておくのもいいよ」と我が家のエピソードを話しました。
 
 結婚生活を楽しくする工夫を自分からすることが大切です。
 7つの習慣を身につければできそうです。
0825Wさんから頂いたゼラニウムとローズマリー

wさんからゼラニウムとローズマリーが共生している鉢を頂きました♪
ちょっときつそうだったので、移植しました♪
台風が去ったのでみんな整列♪

0824Wさんから頂いた梨

大きな梨もwさんから頂きました♪
 違いを尊重することがシナジーの本質である。
 
 本当の意味で効果的な人生を生きられる人は、自分のものの見方には限界があることを認められる謙虚さを持ち、心と知性の交流によって得られる豊かな資源を大切にする。
 そういう人が個々の人の違いを尊重できるのは、自分とは違うものを持つ他者と接することで、自分の知識が深まり、現実をもっと正確に理解できるようになるとわかっているからなのである。
 
 その違いこそが大切なのである。
 違いを尊重することによって、視野が広くなるだけでなく、あなたという人間を認めることにもなる。
 そして、シナジーを創り出す環境ができていく。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 高校生の初心者らしき人たちのバドミントンの試合を見ていました。
 一人の選手のサーブが明らかにフォルト(ルール違反)でした。
 主審も相手選手も試合を止めて注意することはありませんでした。
 「いいのかなぁ?」と思い、近くにいた大会事務局の方に聞きました。
 「良くないんですがね」と言いました。
 フォルトはそのまま続き「いいのかなぁ?」と思いながら観戦しました。
 試合はフォルトしていた選手のペアが勝ちました。
 試合が終わり、主審がフォルトしていた選手にサーブの打ち方を指導していました。
 
 「なるほど、大人な対応だなぁ」と感心しました。
 主審は、初心者の高校生に恥をかかせないようにしたのかもしれません。
 私なら明らかなフォルトがあった時点で注意しそうです。
 「いろんな考え方や対応の仕方があるなぁ」と思いました。

 主人にこのことを話すと、「試合の始まる前にサーブ指導などがあったらいいね」と言いました。
 機会があったら、大会事務局の方に話してみようと思います。

 いろんな人のいろんな考えを尊重して、いい解決策が見つかると思います。
出し殻とゴーヤの佃煮

濃縮麺つゆの出し殻を利用して作りました♪
甘辛い味に少し苦みのあるゴーヤがとてもおいしいです♪
青文字クリックでレシピのページへ

♪材料 
・ ゴーヤ(半分に切って種を取り5mm幅に切る)500g(2本)
・ 三温糖・・・・・・・・・・・・・・・100g
・ 醤油・・・・・・・・・・・・・・・・50cc
・ 酢・・・・・・・・・・・・・・・・・50cc
濃縮麺つゆの出し殻(椎茸は千切り、昆布は2㎝位に切る)
白ゴマ・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

♪作り方

1. 「・」を煮て、汁気がなくなったら、白ゴマを混ぜる。
20150824焼酎と蜂蜜を絡める

梅を干した後、いつもは焼酎と砂糖を絡めていましたが、今年は焼酎と蜂蜜を絡めてみました♪

レシピはこちらをクリックして見てください
 人間関係からシナジーを創り出すには、まず自分の中でシナジーを創り出すことだ。
 自分の内面でシナジーを起こすには、第1、第2、第3の習慣が身についていることだ。
 これらの習慣の原則を理解して実践できている人なら、心を開き、自分の脆い部分をさらけ出すリスクを負っても、内面がぐらつくことはないし、Win-Winを考える豊かさマインドを育て、第5の習慣の本質を体現できるのである。
 
 直感的、創造的、視覚的な右脳、論理的、言語的な左脳、この両方を使いこなせば、自分の頭の中で心理的なシナジーを創り出せるのだ。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 第1の習慣は、主体的である。
 第2の習慣は、終わりを思い描く。
 第3の習慣は、最優先事項を優先する。
 第4の習慣は、Win-Win。自分も勝ち、相手も勝つ。
 第5の習慣は、理解に徹し、そして理解される。 

 これらが身について、その相乗効果が表れて、第6の習慣の「シナジーを創り出す」になります。
 
 「Aさんと一緒にやればいいじゃない」とCさんが言うと、「できないよ。Aさんは僕のこと嫌いなんだぁ」とBさんが言いました。
 「そんなことないよ」とCさんが言いました。
 「だって、Aさんに嫌いだって言われたから」とBさんが言いました。
 「え~、きっと冗談だよ~」と私は言いました。

 BさんはAさんに「嫌いだ」って言われて傷ついているように見えました。
 私だって「嫌いだ」って言われたら傷つきます。

 けれど、7つの習慣で考えれば、人に「嫌いだ」と言われても関係ありません。
 主体的に、目標を最優先して、自分も相手も良い方法を考えて、「嫌いだ」と言った相手とも協力していくことで素晴らしいシナジーが生まれます。

 まず自分が最強で、最も優しくなることを目指します。
0808マニキュア  0822ネイル

ネイリストの真奈美ちゃんに影響されてセルフネイルをしてみました♪
料理好きの私は、手のネイルにはちょっと抵抗があるので足だけしました♪
ネイルアートも楽しんじゃおうかな(^-^)
女らしく磨かないとね♪
 効果的な相互依存の習慣を身につけ、実践すれば、新しいパラダイムを土台にしてお互いの違いを認め、より高いレベルのコミュニケーションがとれるようになる。

 相手を信頼し、心を開いて率直にコミュニケーションをとる。
 Win-Winを考え、お互いのためになり、それぞれが最初に出した案よりも良い第3の案があるはずだと信じる。
 相手の身になり共感して話を聴き、まず相手を理解しようと努力する。
 相手の価値観や関心事の全体像をとらえ、それを踏まえ、お互いのためになる決断を下す。

 高い信頼関係、Win-Winを考える姿勢、まず相手を理解する努力、これらの要素があいまって、シナジーを創り出す理想的な環境ができあがる。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 引越しをすると新しい人間関係ができます。
 最初は、なかなか地を出しません。
 相手の様子を見ながら、少しずつ少しずつ話ができるようになってきます。
 次第に信頼関係ができてきて楽しくなってきます。

 徳之島の楽しいバドミントン友達とお別れして寂しかったですが、新天地でもいいサークルを見つけることができました。
 みんな私より上手な人ばかりで、たくさん教えてもらいたいと思いました。
 入って4ヶ月が経ち、「・・・こうしたらいいよ」とアドバイスしてもらえるようになりました。
 だんだん上達してきたような気がします。

 新しい友達がたくさんできて、また楽しいバドミントン生活ができています。
 ここでも強い信頼関係ができたらいなぁと思います。
20150822鹿屋で餃子

羽根つき餃子と豚しゃぶサラダを作りました♪
羽根つき餃子のレシピはこちらをクリックして見てください

新しいフライパンで、使い慣れない卓上コンロで焼いたので1回目は失敗しましたが(^-^;)
2回目からは上手にできました(^-^)
3回目と4回目に焼いたのは両親の夕食用にしました(^-^)
デザートに苺クリームのダコワーズを食べました♪
全部両親に大好評☆((^▽^))
両親に喜んでもらって良かったです。

畑の野菜をたくさんいただいて帰ってきました♪
 シナジーは心を湧き立たせる。
 創造することは心を湧き立たせる。
 心を開いたコミュニケーションが生み出すものには、驚くべきものがある。
 シナジーは、大きな成果、意味のある進歩につながる。

 最も低いコミュニケーションのレベルは、低い信頼関係から生じる。
 中間のレベルは、お互いを尊重し、相手に敬意を払うけれども、面と向かって反対意見を述べて対立することを避け、そうならないように注意して話を進める。
 このレベルでは、創造的な可能性が開かれることはない。
 たいていは妥協点を見つけて終わりである。
 強い信頼関係から生まれるシナジーは、最初に示された案をはるかに上回る結果に到達できる。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 永松茂久さんの「心の壁の壊し方」にも、「その存在があるから歩いていける、強くなれる、支えてくれる、孤独のふちから救ってくれる、理想のゴールへと導いてくれる。人生に何よりも大きなその存在は、同じ思いをもった仲間です」と書いてありました。
 そのことを書いているページはこちらをクリックして見てください

 コミュニケーションをプロセスで考えてみたいと思います。
 第一段階は、お互いを尊重し、相手に敬意を払い、面と向かって反対意見を述べない。
 第二段階で、より良い方法を一緒に探してより良い結果を生み出す。

 そうすることで一人では考えつかなかった方法が生まれます。

 主人に意見を求めるとき、うなずきながら「そういう見方、考え方もあるよね」と思いながら聴きます。
 「ならば、どうしたらいいか」二人で考えます。
 二人で考えた結果が、たとえうまくいかなかったとしても「二人で充分考えた」という思いで満足できます。 
 次は、もっといい方法が生まれるはずです。
Wさんにプレゼント表表  Wさんにプレゼント中中  Wさんにプレゼント裏

お盆が明けて久しぶりにバドミントンに行ったら
wさんが「お久しぶり~休み中何してたの?」と聞いたので
「縫い物とかしてました」と言うと
「何作ったの?」と言うので
「バッグとか」と言いました。
すると「私にも作って~」と言ったので、作ることになりました♪

一日で仕上げて次のバド練習日に持って行きました♪
「勉強道具入れて持って行く」と言って、とても喜んでもらえました(^-^)
 「全体は各部分の総和よりも大きくなる」というシナジーに至るには勇気が必要である。

 自分自身にとことん正直になり、自分の本当の姿を見せ、自分の内面、あるいは組織や家族の状況に正面から向き合い、その結果、どうしても言わなければならないことに気づくからである。
 大きな勇気と本当の愛情がなければできることではない。
 だから、相手も心を開いて正直になり、自分自身をさらけ出す。
 その瞬間からシナジーのコミュニケーションが始まる。
 やがて、最初は思ってもみなかった洞察が生まれ、斬新な計画となって実を結ぶのである。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 シナジーを創り出せなかったころを振り返ると、確かに勇気と愛が足らなかったと反省します。

 保身ばかりを考えていました。
 相手の身に立って、相手を理解する努力が足らなかったからいいコミュニケーションがとれませんでした。

 「7つの習慣」を読み始めてから、過去の出来事を回想することが多くなりました。
 主人にそのときの気持ちをあらためて話すようになったので主人の理解が増したように思います。

 私は、かなり早く目が覚め、いろいろ活動したくなるタイプです。
 そういう私を主人は理解できなくて、体を心配して「5時前に起きないように」と言っていました。
 ところが、いろんな話をたくさんしたお蔭で「起きたい時に起きてもいいよ」と言ってくれるようになりました。
 それからの私は、「やるき」がどんどんみなぎって創作意欲が湧いてきました。

 主人の大きな勇気と愛のお蔭です。
0820梅干し☆

昨年は8月17日に干していましたが、今年は昨日になってしまいました(^-^)
3日干したら、焼酎と砂糖を絡めます♪

レシピはこちらをクリックしてください

毎年4㎏漬けています♪
暑くなる前は、これで毎日梅こぶ茶を飲んでいたので昨年のは食べ切りました(^-^)
今年は、いつまでもつかな?
 他者とのコミュニケーションが相乗効果的に展開すると、頭と心が解放されて新しい可能性や選択肢を受け入れ、自分のほうからも新しい自由な発想が出てくるようになる。
 心が安定し、冒険心が満ちてきて、前に考えていたことよりもはるかに良い結果になると信じることができるはずだ。
 毎日の生活で経験するには、内面がしっかりと安定し、心を開いて物事を受け入れ、冒険に心躍らせる必要がある。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 帰省したときに母が、「お前から送ってもらった写真がどっかに行っちゃった」と話しました。
 姉は「どっかにあるんだよ」と言いましたが、また印刷して送ることにしました。
 姉と母に手紙も書きました。
 88歳の母が一番喜ぶことは、子どもの幸せや孫の幸せではないかと思って、幸せな写真を部屋に飾ってもらうことにしました。

 幸せの波動が伝わればいいなぁと思います。

 普段の生活の中で、自分の幸せばかりを考えていましたが、宝地図に書いてあるように「家族みんなの幸せ」を願うなら電話や手紙でコミュニケーションを豆にしようと思いました。

 そうすることで、きっと想像もできなかった素晴らしいことが起きるはずです。
トルティーヤ1  トルティーヤ2  トルティーヤ3

「もちもちでうまい!」と主人が言いました♪
軽井沢の腸詰屋のピリ辛ウインナーを焼いて巻きました♪
ソースは、残っていたピザソースをケチャップでのばして使いました♪
超ウマです☆
(青文字クリックでそのレシピページへ)

♪材料(6枚分)
生地
・小麦粉・・・・・・・・・・1カップ
・片栗粉・・・・・・・・・・大さじ2
・マヨネーズ・・・・・・・小さじ2
・牛乳・・・・・・・・・・・・200㏄
油・・・・・・・・・・・・・・・適量
具材
ピザソース・・・・・・・・適量
ケチャップ・・・・・・・・適量
ウインナー・・・・・・・・6本
水菜(5㎝に切る)・・・適宜
トマト(ざく切り)・・・・・小1個
玉ねぎ(薄くスライス)・1/4個
アボカド・・・・・・・・・・・1個
きゅうり・・・・・・・・・・・・1/2本
バジル・・・・・・・・・・・・・4枚
マヨネーズ・・・・・・・・・適量

♪作り方
① 生地の材料を全部混ぜる。
② フライパンに油を薄く敷いて熱して中火にし、①をお玉で1個弱流し込んで広げクレープ状にし、表面の色が変わり裏に焦げ目ができたら取り出す。
③ お好みの具材を挟んで食べる。
 どんなに困難な試練に直面しても「自覚、想像、良心、意志」の四つの能力、Win-Winの精神、共感の傾聴のスキル、これらを総動員すれば、最高のシナジーを創り出すことができる。
 それまで考えてもみなかった新しい道が拓けるのである。

 シナジーとは、全体の合計は個々の部分の総和よりも大きくなるということである。
 一プラス一が三にも、それ以上にもなる。

 シナジーの本質は、お互いの違いを認め、尊重し、自分の強みを伸ばし、弱いところを補うことである。
 違いこそが、お互いの自尊心を育み、価値を生かし、一人ひとりが成熟して自立し、やがて相互依存の関係を築く機会を与えてくれる環境をつくるのである。
 心を開いて人を信じ、分かち合う生き方、人を愛し、人のためを思って生きる脚本なのではないだろうか。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 人は違って当たり前、その違いを個性ととらえお互いに活かしていけば可能性は無限にありそうです。

 主人と私は、同じ目標を持って同じ挑戦をしていますが、勝負する場面が違います。
 お互いに自分なりに考えた後、相手の意見を聞きます。
 「そういう見方もできるね」と思ったり、「え~そうじゃないと思うなぁ」と思ったりしますが、第3者の意見は大事なので参考にして結論を自分で出します。
 その結果が良ければお互いに喜び、悪ければ「もっと勉強しようね」と言います。

 息子も友達と勉強を始めたと言っていました。
 一緒に学び目標を目指す仲間は強力な力になります。
完成表  完成裏  ボタン付け

日曜日に作り始めたジャケットが完成しました♪
先日買った紺のワンピースにもあいそうです♪
日曜にお菓子をつくったり、月曜に主人とデートしたりした割には早くできました(^-^)

0816パンプキンプリンとダコワーズ  0817ヴォアラでカプチーノ

秘密は、朝早く起きていること(^-^)
早起きして充実しています♪
 第5の習慣の効果が大きいのは、自分の「影響の輪」の中心に働きかけるからである。
 まず相手を理解する努力なら、いつでもできる。
 インサイト・アウトのアプローチである。

 内から外への努力を続けていくと、相手を本気で理解しようと思って聴くから、自分自身も相手から影響を受ける。
 自分も心を開いて他者から影響を受けるからこそ、他者に影響を与えることもできるのである。
 こうして影響の輪は広がり、やがて関心の輪の中にあるさまざまなことにまで影響を及ぼすようになっていく。

 周りの人たちへの理解が深まるにつれ、その人たちの人間的価値が見え、敬虔な気持ちを抱くようになる。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 「相手を変えようとするのではなく、自分が変われば周りも変わる」という考え方は学校でも教えられたらいいね。
 と主人が言いました。
 「時と場合によっては違うときもあるよ」と私は言いました。

 「7つの習慣」を読んで、「インサイト・アウト」内から外への努力が良いことがわかっても、そのことを間違って人に教えると、相手を苦しめることもあります。
 私は、自分を変えなくっちゃと自分を責めていた時期がありました。

 インサイト・アウトは、「まず相手を理解する」ことから始めてみようという心掛けです。
 「まず相手を理解する」ということを相手に話したり教えたりして、そうするように相手に望むと苦しめるときもあります。
 そう教えている自分が変わればいいのです。
 伝えたいことを言葉で教えようと思わないで、感じてもらうような思いやりのある行動で示していけばいいと思います。
 悩んでいる人がいたり、困っていることが起きたら、まず自分から親身に話を聴いて心の奥深くを理解することです。

 このことを心得ている主人にいつも助けられています。
0816パンプキンプリンとダコワーズ  卵黄でパンプキンプリン

鹿屋の父から大きなカボチャを頂いてたくさんあったので
パンプキンプリンを作りました♪
プリンは卵黄を使うのでダコワーズも作りました♪
午後から夕方までかかって、
ダコワーズが22個、プリンが27個できました☆
ダコワーズは、バドミントンの試合に持って行ったら好評で、リクエストされているので23日の試合に持って行きます♪
プリンは、冷凍しておいてアイスクリームの代わりに楽しみながら毎日食べます(^▽^)
 0807子供たちへお菓子
 
 成熟さとは勇気と思いやりのバランスである。
 相手を理解するには、思いやりが要る。
 そして、自分を理解してもらうには、勇気が要る。
 Win-Winを実現するには、思いやりと勇気の両方が高いレベルで必要だ。

 ① 他者が誠実さと能力をどれだけ信頼しているかという信頼残高。
 ② 相手の身になってコミュニケーションをとる気持ち。
 ③ 筋道立てて効果的に表現する。

 ①、②、③の順番である。
 まず人格があり、次に人間関係があり、それから自分の言いたいことを表現する。

 第5の習慣が身につくと、自分の考えをより正確に、誠実な態度で表現できるようになる。
 それは周りの人たちにも伝わる。

 と、スティーブン・R・コヴィー著の「7つの習慣」(キングベアー出版)に書いてありました。

 帰省したときに、息子に手作りのラスクをあげたのに感想を聞いてないから、
 「ラスク美味しかった?」とラインで聞きました。
 「ラスク美味しかったー!でも、またアーモンドのあれ食べたい(=^w^)ノ」と返事がきました。
 『人の気持ちをくすぐる言葉を言うなぁ』
 私の心のつかみどころをわかっている息子です。(^-^)
 「よっしゃ!待っとれ♪」と返信しました。

 「ALOHA」と久しぶりに徳之島のバド友からラインがきました。
 「・・・春さんのたんかんラスクが恋しいです○」と書いてありました。
 「なんだかこんなこと言われちゃうと送りたくなっちゃうなぁ」と思いました。
 「今年は、たんかんを近所の人から買ったけど、来年はここから買おう」と思いました。
 
 私は、①②③の実行の一つとして、息子からリクエストをもらったお菓子を作って子供たちに送りました。
 お世話になった徳之島のバド友たちにも送ります。